芽吹きのパワーを秘めた発芽玄米で毎日元気!

玄米を水に浸してほんの少し(0.5~1mm)、ちょこんとツノを出るくらい発芽させたものが、発芽玄米。ちょっと発芽させるだけで、玄米の栄養が大幅にアップします。発芽玄米は、市販品もいろいろ出回っていてご存知の方も多いことでしょう。でも、いったいどんなよいことがあるの?

発芽玄米

玄米を水に浸してほんの少し(0.5~1mm)、ちょこんとツノを出るくらい発芽させたものが、発芽玄米。ちょっと発芽させるだけで、玄米の栄養が大幅にアップします。発芽玄米は、市販品もいろいろ出回っていてご存知の方も多いことでしょう。

でも、いったいどんなよいことがあるの?という人も多いようです。そこで、今回は毎日の主食として手軽にとれる発芽玄米をクローズアップ。


GABA

発芽玄米は、見た目は普通の玄米と大きな違いはありませんが、玄米にくらべミネラルやビタミンを多く含有します。これは、玄米の発芽時に、成長に必要な栄養を一気に生成するからといわれています。そのため、玄米は、この時期に最も栄養をため込んだ状態といえるのです。

この時期に増える栄養のなかでも、とくに注目したいのがギャバ(GABA)。脳の働きを活性化する、血糖値を自然にもどす、血液をサラサラにする、といった作用があるといわれている成分です。デイリーフーズとして毎日食べ続けると、さまざまな病気の予防に役立ちそうですね。

ほかに注目したいのは、必須アミノ酸の一種リジン。骨格の形成に必須な栄養で、成長期の子どもには積極的に食べてほしい成分といえますね。また、発芽玄米を食べ始めて最初に気づく変化は、お通じの改善でしょう。水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維の両方を豊富に含んでいるためで、便秘がちな人にはうれしい変化ですね。


玄米が芽を出すと起こる、こんないいこと

発芽玄米

●活性酸素を除去する

紫外線やストレスが原因でできるといわれる、活性酸素。いわゆる体のサビを取り除いたり、メラニン色素の生成を予防するといった働きをする抗酸化物質を含みます。

●細かな食物繊維でお通じを改善

発芽玄米は水に浸して皮がやわらかくなっているため、その食物繊維は細かくかみくだくことができます。そのため、腸への作用も大きく、お通じの改善に効果的。

●炊飯器で普通に炊ける!

水に浸してじゅうぶんやわらかくなった発芽玄米は、白米と同じ要領で炊けます。

●GABA(ギャバ)がグーンとアップ

イライラや不眠を和らげる、中性脂肪の増加を抑制するといった働きのあるギャバがアップ。その含有量が白米の約10倍、玄米の約2.5倍というから驚きます。

(画像、よければ使ってください。ただ、アイフォンで撮る限りあまり変化がわかりません。ちゃんと芽が出ているのにざんねんです~)


玄米を発芽させてみよう!

発芽玄米

1.玄米を水で洗いボウルに入れ、水をたっぷり注ぐ。

2.光のあたらない平らな場所に置き、毎日水をかえます。

発芽玄米

3.水をかえながら2~3日置き、芽が0.5mmくらいのびたら完成。芽が伸びすぎると栄養が弱まるので、発芽したらなるべく早く食べましょう。

発芽玄米

炊飯するときは、白米に20~30%混ぜて炊いてみましょう。炊くときは、発芽玄米を浸けていた水ごと炊くと、水にわずかに溶け出た有効成分も余さずとれますよ。


発芽玄米市販品のあれこれ

市販の発芽玄米は、あたりまえですがすでに発芽済み。なのでそのまま白米と混ぜて炊くだけだから、とても便利です。

こだわり発芽玄米鉄分 1kg
出典:amazon

こだわり発芽玄米鉄分 1kg

・amazonで購入できます >

発芽玄米に鉄分を添加し、機能性を向上させたスペシャルな発芽玄米。
無洗米のため、研がずに炊飯できます。

濱田産業 発芽玄米 150g×12個
出典:amazon

濱田産業 発芽玄米 150g×12個

・amazonで購入できます >

添加物を使用せず、玄米の自然な甘みとやわらかさを生かした、レトルトタイプの発芽玄米ご飯。
もち米を20%加えることでもっちりした食感に仕上げ、温めるだけで食べられます。

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています