肝臓のデトックスを助け、免疫力や胃腸の働きを高めるターメリック

パッと目を引く鮮やかな黄金色のスパイスといえば、ターメリック。周知のとおり、日本ではカレー粉の原料として欠かすことができないスパイスですが、海外ではスーパーフードとしても人気です。では、一体どんなパワーを秘めているのでしょうか?

ターメリック

パッと目を引く鮮やかな黄金色のスパイスといえば、ターメリック。周知のとおり、日本ではカレー粉の原料として欠かすことができないスパイスですが、海外ではスーパーフードとしても人気です。では、一体どんなパワーを秘めているのでしょうか?


ターメリック

代表的なものは、ターメリックの色素成分クルクミンがもつ、胆汁の分泌を促す働きです。胆汁は、肝臓にたまったアルコールや悪玉コレステロール、老廃物などを解毒、分解する作用があるといわれています。そのため、肝臓の機能障害の予防に一役買ってくれるというわけですね。肝臓の機能障害なんていうと、まるでのんべえさんだけに有効なのでは? と思われがちですが、肝臓は解毒の要となる臓器。健康であるに越したことはありませんね。

クルクミンには、エイジングや病気の大敵である活性酸素を除去する働きもあり、美肌によい影響がありそうです。さらに、免疫力を高める、コレステロール値を下げるといった効果も期待できます。また、胃腸の働きを活発化する作用もあり、消化不良や胃炎の予防などにもなりそうですね。


ターメリックを料理に使ってみよう!

ターメリック

ところで、ターメリックを料理に使うと、どんなおいしい効果があるのでしょうか? まずは、何と言ってもそのおいしそうな色。カレーはもちろん、炒め物や煮物、スープなど、何にでもひとふりするだけでおいしそうなターメリックカラーに。見ているだけで食欲が刺激されてしまいますね!

もう一つは、マスキング効果。魚や肉のにおいを和らげる働きがあるので、料理の下ごしらえにターメリックをふっておけば、くさみが気になりません。使うときに気をつけたいのは、ターメリックは水には溶けにくく、油には溶けやすい性質があること。そのため、少しの油と一緒に使うと独特のコクを楽しめますよ。


おすすめレシピ

手軽に毎日とるなら、コレ! ヘルシーで飲みやすく、ほのかな苦みにハマります!!

ゴールデンラテ

ゴールデンラテ

●材料(1杯分)
牛乳(豆乳やアーモンドミルクを使っても)…150ml
ターメリック…小さじ1~2
はちみつ(メープルやココナッツシュガーなどでも)…適量

●作り方
1.カップにターメリックと少量のお湯を入れて溶き混ぜる。
2.温めた牛乳、はちみつを入れて混ぜる。

ターメリックライス

ナッツ入りターメリックライス

●材料(3~4人分)
米…2合
カシューナッツ…1/4カップ
玉ねぎ…1/2個
バター…大さじ1
カレーリーフ(ない場合は、省く)…ひとつまみ
干しぶどう…大さじ2
A(ターメリック小さじ1~2、塩小さじ1、こしょう適量、バター大さじ1)

●作り方
1.カシューナッツはフライパンで乾煎りする。
2.玉ねぎはみじん切りにしてバターで炒める。米は研いで水気をきる。
3.炊飯器に、2、カレーリーフ、干しぶどう、Aを入れて、水を規定の目盛りまで入れる。
4.普通に炊飯して、炊き上がったらカシューナッツを入れてさっくり混ぜる。

タンドリーチキン

タンドリーチキン

●材料(2人分)
鶏胸肉…1枚
A(ターメリック・ケチャップ・パプリカパウダー各大さじ1、プレーンヨーグルト50g、塩小さじ1/2
、おろしにんにく1片分)

●作り方
1.ビニール袋にAを入れて混ぜ、ひと口大のそぎ切りにした鶏肉を入れて軽くもむ。
冷蔵庫で一晩くらい浸ける。
2.耐熱皿に1を入れて平らにし、200度に熱したオーブンで30分ほど焼く。


おすすめターメリックはコレ!

オーガニック ターメリックパウダー粉末 ベトナム産 有機JAS認定オーガニック 無農薬・無化学肥料 鎌倉香辛料
出典:amazon

オーガニック ターメリックパウダー粉末 ベトナム産 有機JAS認定オーガニック 無農薬・無化学肥料 鎌倉香辛料

・amazonで購入できます >

有機JAS認定、無農薬、無化学肥料で栽培されたベトナム産のターメリック。
たっぷり使える80g入りです。

出典:amazon

S&B ORGANIC SPICE 袋入り有機ターメリック<うこん>(パウダー) 11g×5個

・amazonで購入できます >

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています