頑張る女性のきれいをサポートするマカの魅力とは

パワーをつけたい時に取り入れたいエナジーフードとしてのイメージが強い“マカ”ですが、実は美肌作りや冷え性の改善など女性に嬉しい効果も期待できる食材ということをご存知ですか。今回は“マカ”の美容効果と美味しい食べ方をご紹介します。

マカのイメージ

“マカ”の持つ美容パワーとは

マカはアンデス地方の標高4500mという寒暖差が激しい高地で栽培されているアブラナ科の植物。カブに似た根茎の部分を2ヶ月ほど天日干しし、パウダーに加工されます。

マカパウダーはアンデス地方の空気が薄く、紫外線が強いという厳しい環境の下で土からの栄養を十分に吸収しているので、活力増強をサポートする食材として人気なのも納得できますね。

そんなマカには、美肌をサポートしてくれる成分もたっぷりと含まれているんですよ!お肌のハリを保つコラーゲンを作る「プロリン」というアミノ酸が含まれていたり、美肌作りに良いとされ、新陳代謝を促す効果の期待できる「アルギニン」という必須脂肪酸を含んでいます。さらには鉄分やカルシウム、ビタミン類も豊富。マカは頑張る女性を支える美のスーパーフードとして日々の食事にプラスしてほしい食材です。


マカのイメージ

マカを使ったスイーツレシピ

きな粉のような風味が特徴のマカパウダーはヨーグルトにふりかけたり、スムージーに混ぜて飲むことで手軽に取り入れることができます。一方でお料理に加えることでコクをプラスしたり、ほんのりと感じるマカの甘みがスイーツにもぴったり!今回は和風レアチーズケーキを紹介します。

チーズケーキのイメージ

マカを使った和風レアチーズケーキ

▪️材料(4人分)
マカパウダー・・・大さじ1程度
ビスケット・・・160g
バター(無塩)・・・90g
クリームチーズ(常温)・・・200g
水切りヨーグルト(無糖)・・・200g
生クリーム・・・200ml
はちみつ・・・大さじ2〜3(お好みで甘さを調節してください)
レモン汁・・・小さじ3
粉ゼラチン・・・10g

▪️作り方
①ビニール袋にビスケットを入れ、綿棒などで細かく砕きボウルに入れる
②バターを電子レンジで温め溶かし(500W30秒程度)【①】に加え混ぜたら、バットへ平らに詰めて冷蔵庫で20分ほど冷やす
③クリームチーズ、ヨーグルト、生クリーム、はちみつ、レモン汁を新しいボウルに入れ混ぜる
④粉ゼラチンを水(100ml)で溶かし、電子レンジで温める(500W40秒程度)
⑤【③】へ少しずつゼラチンを加えとろみがつくまで混ぜる
その時にボウルの底を別のボウルに張った氷水で冷やしながら行う
⑥冷蔵庫で冷やした【②】へ【⑤】を流し込み、表面にマカパウダーをふりかけ2時間以上冷蔵庫で冷やす


レアチーズケーキのレシピ

レアチーズケーキのレシピ


マカのイメージ

オススメのマカパウダーを2種はこちら

サンフードスーパーフーズのオーガニックマカパウダーは高温加工せずにしっかりと天日干しされているので人気の一品。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


さらにマカの中でも赤いマカを使用したレッドマカパウダーはマカと同等の栄養素に加え、よりエイジングケアに向いていると言われ注目を浴びています。からだの内側から作るきれいのサポートにおすすめですよ!

オーガニックレッドマカパウダー 227g
出典:amazon

オーガニックレッドマカパウダー 227g

・amazonで購入できます >

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています