この夏は、電気圧力鍋でスマートクッキング!

 気温が高まる夏場は、キッチンで料理するのっておっくうになるものです。ついつい外食や買ってきたもので済ませちゃうのよね…、なんて人も多いようです。たまにはそんな食事もいいですが、健康と美容、そしてお財布のことを考えると、ふだんの食事はなるべく自炊したいものですね。ということで、今回取り上げるのは「電気圧力鍋」。圧力鍋というと、爆発したらどうしよう、扱い方が面倒くさそうなどなど、ちょっと敷居が高いイメージですが、電気圧力鍋は、基本的にはほったらかしで料理が完成するのでかなりお手軽。熱源は電気ですから、汗をかきながらキッチンに立つ必要もナシ。安全で手軽、その上、料理したくないな、という日にも楽しく料理できちゃうなど、よいことづくめ。この夏、キッチンツールに仲間入りさせてみませんか?

ではいったい、電気圧力鍋ってどんなものがあるのでしょうか? そして、購入するときはどんなところをチェックすればいいのか見ていきたいと思います。電気圧力鍋を選ぶとき着目したいのは、ずばり、機能性とサイズ。まず、機能性についてですが、電気圧力鍋はIHタイプとマイコンタイプの2つに大別できます。鍋自体を発熱させるIHタイプは、温度ムラが少なく煮込み料理にぴったりですが、消費電力が大きいのが難点。炊飯器などと同時に使うと、ブレーカーが落ちてしまう可能性があります。もう一つのマイコンタイプは、電熱ヒーターで内釜を加熱するため、消費電力が少ないのが特徴。電気代が節約できるから、利用頻度が高い人におすすめですね。つまり、大ざっぱにいうと、「調理ムラを無くしたいならIHタイプ」、「経済性を優先させたいならマイコンタイプ」といえそうですね。



もうひとつのチェック項目のサイズについては、電気圧力鍋は、2リットルくらいから4リットルくらいの容量が主流です。どのサイズを選べばよいか迷ったら、家族の人数+1リットルと覚えておきましょう。どういうことかというと、1人暮らしなら2リットルサイズを、2人家族なら3リットルサイズを、それ以上なら4リットルサイズを選ぶのが一つの目安。もちろん、1人暮らしでも、一度にたくさん作ったり、日常的に作り置きしていたりする人は大きめなものを選んでくださいね。



さらにチェックするとすると、どんな点を確認すればよいでしょうか? 商品の中には、保温機能や温め直し機能、吹きこぼれ防止機能をはじめ、蒸す、発酵させる、低温調理ができるなど、圧力をかける調理以外の機能がついたものもあります。また、キッチンに出しっぱなしにしてもオシャレなスタイリッシュなものもあるので、ライフスタイルに合わせた一台を選びたいものですね。もちろん、あれこれ機能はいらないから、なるべくシンプルなものがいい! という人は、ミニマム機能の一台を選びましょう。


おすすめ電気圧力鍋はこの3つ!

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R
出典:amazon

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R

・amazonで購入できます >

水ナシで、素材そのものの水分のみで調理できる、電気圧力無水鍋。素材の味を凝縮したように料理をおいしく仕上げ、料理上手になれることうけ合いです。1.6リットルサイズとコンパクトで、下ごしらえ用としても便利。

D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋 2.5L STL-EC25
出典:amazon

D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋 2.5L STL-EC25

・amazonで購入できます >

玄米、カレー、ポトフなど8つのオート調理機能付き。調理終了後は70度前後に保温してくれるので、いつでも熱々が食べられます。付属の「蒸しす」を使えば、余分な脂をほどよく落としながら調理してくれるので、ヘルシー志向の方におすすめです。

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RF
出典:amazon

TOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 2L RLC-PC02RF

・amazonで購入できます >

コスパ抜群の一台といえば、これ! 1万円以下とお安いながら、煮込み以外にも炊き込みご飯やケーキなども作れて、保温機能やタイマー機能も付いています。コンパクトな2リットルサイズなので、置き場所にも困りません。


電気圧力鍋でできるあんな料理、こんな料理

時間がかかるイメージの、ビーフシチューや筑前煮、豚の角煮などもスピーディーに完成。
タイマーセット機能を使えば、朝仕込んでおけば帰宅後すぐに熱々の料理を食べられます。
肉や豆、野菜の煮込みはもちろん、チャーシューやジャムなども本当に手軽に作れます。

筑前煮

 

チャーシュー

豚の角煮

ビーフシチュー

豆の煮込み

手作りジャム

 


電気圧力鍋を使って、夏場の料理も楽しみましょう♪

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています