あっさり、さっぱりの「水キムチ」で、元気でキレイに!

一般にキムチといえば、唐辛子を使った辛くてオレンジ色の乳酸発酵食品というイメージが強いと思います。おいしいし、体にいいのはわかるけれど、自分ではなかなか作れないし毎日食べるのはちょっとね…と思っている人が多いと思います。そこで、今回紹介したいのが、水キムチ。辛くなく、赤くなく、毎日食べても飽きなくて自分で簡単に作れちゃうキムチなんです。あっさりしていて、まるでおひたしや浅漬けみたいに毎日、毎食だって食べられるまさに「デイリーフーズ」といえます。

では、いったい水キムチってどんなものなのでしょうか? 基本的には、塩もみした野菜を米のとぎ汁を主とした漬け汁に漬けるだけ。常温で夏なら2~3時間、春・秋なら1~2日、冬なら2~3日で食べられます。発酵後は、冷蔵庫で1週間くらい保存できるので常備菜としても秀逸ですね。いろいろな野菜で作れるので、自由自在にアレンジできるのもうれしいところです。



ところで、水キムチをデイリーフーズとしておすすめしているのはなぜか? それは、水キムチが乳酸菌たっぷりの発酵食品だから。ご存知のように、発酵食品には、腸内細菌を増やしたり、免疫力をアップさせたり、便秘を改善したりといった働きがあります。また、花粉症をはじめとしたアレルギー反応を抑制するといった研究報告もあるようです。もちろん、野菜そのものがもつパワーも見逃せません。野菜には食物繊維やビタミン類が豊富に含まれており、生活習慣病の予防やダイエット効果も期待できますね!


次に皆さんが疑問に思うのは、野菜を漬け汁に漬けるだけで発酵食品になるのはなぜ?ということではないでしょうか。野菜にはもともと、乳酸菌が付着しています。その乳酸菌が、漬け汁の米のとぎ汁が含むでんぷんや果物の糖分を栄養として発酵し、植物性発酵食品となります。一見すると、酢をベースにした酢漬けや、塩でもんだだけの浅漬けと似ていますが、水キムチはそれらとは別物なのですね。


水キムチを作ってみよう!

大根ときゅうり


・材料(作りやすい分量)
大根…100g
きゅうり…1本
塩…小さじ1
りんご

A(米のとぎ汁…1カップ、塩…小さじ1)
B(酢…大さじ1、にんにくの薄切り・しょうがの薄切り…各3~4枚)

・作り方
①大根は2~3mm厚さのいちょう切りにし、きゅうりも2~3mm厚さの輪切りにする。
ボウルに入れて塩をふって軽くもみ20~30分置く。
②りんごは、2~3mm厚さのいちょう切りにする。
③Aをひと煮立ちさせて冷まし、容器に入れてりんごとBを加える。①を絞って水気をきり、漬け汁に漬ける。

キャベツとにんじん


・材料(作りやすい分量)

キャベツ…2枚
にんじん…1/3本
塩…小さじ1
りんご

A(米のとぎ汁…1カップ、塩…小さじ1)
B(酢…大さじ1、にんにくの薄切り・しょうがの薄切り…各3~4枚)

・作り方

①キャベツはざく切りにし、にんじんは2mm厚さの半月切りにする。
ボウルに入れて塩をふって軽くもみ20~30分置く。
②りんごは、2~3mm厚さのいちょう切りにする。
③Aをひと煮立ちさせて冷まし、容器に入れてりんごとBを加える。①を絞って水気をきり、漬け汁に漬ける。

※ほかにも、ミニトマト、かぶ、セロリ、ズッキーニなどなど、ほとんどの野菜を水キムチにすることができます。りんごのかわりに、スイカやカキ、梨などのフルーツを入れてもおいしい。

 


水キムチを利用したお手軽レシピ

サンドイッチ


・材料(1人分)

水キムチ…適量
ポークソーセージ…3~4切れ
カンパーニュ…2枚
マヨネーズ・マスタード…各適量

・作り方

①ポークソーセージは1cm厚さに切り、フライパンでさっと焼く。
②カンパーニュにマヨネーズとマスタードを薄く塗り、水キムチとポークソーセージをのせる。
③カンパーニュではさんで食べやすく切る。
※好みでカンパーニュは軽くトーストしても。
※カンパーニュのほかに、食パンやバゲットなど好みのパンで作っても。
※ポークソーセージのかわりにハムやツナ、ゆでた薄切りの肉などで作っても。

冷麺風うどん


・材料(1人分)
うどん…1人分
水キムチ…適量
A(水キムチのつけ汁1/2カップ、ナンプラー・酢各小さじ1/2)

・作り方

①うどんはゆでて冷水で洗い、水気をしっかりきって器に入れる。
②よく混ぜたAをかけて、水キムチをのせる。
※ゆで卵やゆで鶏、チャーシューなどをのせても。

 


市販の水キムチもおすすめ!

 

水キムチ 800g

・楽天市場こ購入できます >

 

大阪鶴橋の名店の、しょうがの香りがそそる水キムチ。
大根のみずみずしい甘さと旨みがバツグンです!
漬け汁もおいしくて、最後のまで一滴まで飲み干したい。

水キムチ

水キムチ

・中山商店で購入できます >

まるで冷たい野菜のスープといった味わいの、清涼感あふれる水キムチ。
食欲が落ちる夏にはとくにおすすめで、ハマります。


みなさんもぜひ、お手頃な水キムチにチャレンジしてみましょう♪

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています