アイスクリームマシンで自家製アイスクリームを作っちゃおう!

気温の上昇とともに、アイスクリームがおいしくなる季節がやってきます。市販のアイスクリームもいいですが、毎日食べるとなると甘さやカロリー、添加物が気になるところです。そんな方にぜひおすすめしたいのが、手作りアイスクリームマシーン。ここ数年、コンパクトな家庭用があれこれ登場し、価格もリーズナブルに。気になるけれど、使い方は面倒じゃないのかしら? 本当においしく作れるのかしら? お手入れが面倒じゃないのかしら? などなど、いろいろ疑問があることでしょう。そこで、今回は、暑い季節にぜひ使ってみたい、買ってみたい、気になるアイスクリームマシンについてご紹介したいと思います!

アイスクリームマシーンといっても、実はいろいろな種類があります。マシーンによって、完成までの時間や作業の手間、仕上がりの食感などが異なります。
そこで、何をポイントに選べばよいか理解することが大切です。


家庭用アイスクリームマシンのタイプは大きくわけて2つ!

家庭用のアイスクリームメーカーは、大きく分けて「冷凍容器を利用する」タイプと「コンプレッサー内臓」タイプの2つあります。
まず1つめの「冷凍容器を利用する」タイプは、容器をあらかじめ冷凍庫で冷やしておくもので、あらかじめ凍らせた専用の容器に冷やした材料を入れてアイスクリームを作ります。
これは一般的なタイプで、容器を冷やす分完成して食べられるまでに時間はかかりますが、容器さえ冷やしておけば30分くらいでアイスクリームが食べられます。価格はお安めですが、冷凍庫に容器を冷やすスペースを確保しなくてはなりません。

もう一つの「コンプレッサー内臓」タイプは、マシーン自体で材料を冷やしながらアイスクリームを作るタイプ。事前に容器を冷やす必要はありませんが、比較的マシーンが大きめ、お値段はお高めです。業務用マシーンをベースにしたものが多く、本格的な味を追求するならこちらがおすすめです。


おすすめアイスクリームメーカーはこれ!

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929
出典:amazon

貝印 アイスクリームメーカー ホワイト DL-5929

・amazonで購入できます >

口どけのよさは、ぴかイチ! まるで専門店のアイスクリームのような食感に仕上がります。
シャリシャリ感はほとんどなく、とてもなめらか。あらかじめ冷やしておいた容器に材料を入れてから完成までの時間は、たったの20分。
使用後の分解も簡単で、洗いものも楽チンです。一度に1リットルのアイスクリームを作ることができるので、人数の多い家族にも向いているかもしれませんね。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

レストランなどでも使われていることが多い、世界的に有名なメーカーのブランド品。滑らかな口当たりは秀逸です。コンプレッサー内臓タイプのため、容器を冷やす必要はなく、思い立ったらいつでも作れるのが魅力。1.4リットルサイズと大容量なので、一度にたくさん作りたい人におすすめ。アイスクリームだけでなくジェラートも作りも可能です。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

何といってもリーズナブル。まずは試してみたいという人におすすめです。
直径14.5×高さ16.2cmと小さめだから、台所や冷凍庫でも場所をとらず、重さも2.7kgと軽め。
一度に作れるのは3人前。プレゼントにもおすすめなコンパクトサイズです。


おいしいアイスクリームレシピ

 

いちごのアイス

■材料(作りやすい分量)
いちご…1パック(約300g)
砂糖…70~80g
生クリーム(動物性タイプ)…1パック(200ml)


バナナのアイス

■材料(作りやすい分量)
クリームチーズ…200g
バナナ…1本
レモン汁…小さじ1
砂糖…大さじ5
生クリーム…大さじ5


アイスクリームアフォガート

好みのアイス(おすすめは、バニラ)に、熱々のエスプレッソコーヒーをかける。


できたて、フレッシュなアイスクリームを味わえるアイスクリームマシーンについて、
イメージしていたでしょうか? 一人で楽しむもよし、ホームパーティのスイーツ作りで盛り上がるもよし、のコンパクトで便利なアイスクリームマシーン。
今年の夏は、1台購入してみませんか?

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています