“スーパーグレイン”アマランサスで作るメインのおかず

ヒユ科の植物であるアマランサスはミネラル、ビタミンB類、必須アミノ酸などを豊富に含み、さらにタンパク質は白米の2倍も含有されているといわれています。主食の代替として注目されるキアヌと双璧をなし、“スーパーグレイン(穀類)”と呼ばれて世界中にファンの多いアマランサス。ほぼ無味無臭のため、主食に混ぜるのはもちろん、スープやサラダ、ヨーグルトとも相性良好でアレンジも簡単ですが、今回はアマランサスの特性を活かしながらメインのおかずとして楽しむためのレシピをご紹介します。

アマランサスのイメージ

“スーパーグレイン”アマランサスを食べてみよう!

ヒユ科のアマランサスは主にペルーを原産とする植物で、脱穀しないで丸ごと食べられるやわらかい種皮が特徴です。

白米や小麦からはとれないリジンをはじめとする必須アミノ酸がバランスよく含まれ、そのほかにもカルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムといったミネラルも豊富。さらにはビタミンB類、ビタミンE、ビタミンKや葉酸、食物繊維なども効率よくとりいれられる、美容に関心の高いヘルシーな女性をサポートしてくれる食材です。また、良質なタンパク源になるため、からだを動かすことが好きな方の栄養補給にもおすすめです。

アマランサスの魅力の1つがクセのなさ。ごはんやスープ、手作りパンなどに混ぜるだけで日々のメニューにさりげなく溶け込み、小さな粒のプチプチの食感が食事に楽しさをプラスしてくれます。

グルテンフリーを目指す方や、毎日の食卓から効率よく栄養をとりたい方もぜひアマランサスを試してみてください。


ごはんに混ざるだけじゃない!おすすめレシピ

ごはんやパンなど、日々の主食に混ぜるだけで簡単に食べることのできるアマランサスですが、じつは個性をだしてメインのおかずに変身させることもできます。

水を加えて加熱することで「とろみ」がでるアマランサスの特性を活かしたあんかけレシピをご紹介します。

あんかけ

アマランサスの特性を活かしたあんかけレシピ

■材料(2人分)
アマランサス・・・大さじ2
☆水・・・100ml
☆みりん・・・大さじ1
☆酒・・・大さじ1/2
☆醤油・・・小さじ2
☆塩・・・少々
塩タラの切り身・・・2切れ
片栗粉・・・適量
しめじ・・・1/2房
ピーマン・・・1個
にんじん・・・1/4本

■作り方
①アマランサスは洗っておく
②アマランサスと☆の材料を混ぜ合わせる
③鍋に②をいれ、一煮立ちさせてから火を止める
④タラは一口大に切り、片栗粉を薄くまぶす。
⑤ピーマンとにんじんは細切り、しめじはほぐしておく
⑥中火のフライパンでカリッとするまでタラの両面を焼く
⑦タラを一度フライパンから取り出し、⑤を炒める
⑧全体的にしんなりしてきたら、③をいれて一度沸騰させる
⑨お皿に盛ったタラの上から⑧をかける


アマランサス

おすすめのアマランサスはこちら

アマランサスを毎日の食卓に取り入れたい方は、持ち運びをお任せできるインターネットでのまとめ買いはいかがでしょう。ナチュラルフード専門店MANGOSの有機JASオーガニックアマランサスは店長自ら現地に赴く直輸入スタイルで仕入れられているのが特徴です。食品のトレーサビリティが気になる方はぜひチェックしてみてください!

プレミアムスーパーフード オーガニックアマランサス1kg
出典:amazon

プレミアムスーパーフード オーガニックアマランサス1kg

・amazonで購入できます >

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています