からだスッキリ&ヘルシーに!酢の栄養素とおすすめ活用術

なんとなく、“からだにいいもの”というイメージのある酢ですが、ふだんどの種類の酢をどのように使っていますか?できるだけ食事にとりいれたい、でも酢の物やマリネ、ピクルスなど、意外と限られたレシピでしか酢を使えていないという方もいらっしゃるかもしれません。今回は、酢の中でも黒酢にクローズアップ!酢の種類と栄養素、酢を使ったおすすめメインディッシュのレシピについて詳しくお伝えしていきます。

酢のイメージ

酢の種類と栄養素!黒酢の魅力とは?

そもそも酢とは、穀物や果実などを酢酸発酵させたもの。
酢酸は、体内でクエン酸にかわって疲労回復を早めたり、血液をサラサラにして体の巡りをよくしてくれると考えられています。さらに、酢に含まれる有機酸の一種であるグルコン酸には腸内のビフィズス菌を増やし、環境を整える効果があるといわれています。
基礎代謝をよくし、からだをすっきりとさせる酢は、ヘルシーなからだづくりやダイエットサポートにおすすめの調味料です。

酢の中でも醸造のみでつくられているものを「醸造酢」と呼び、原料の違いによってさらに「穀物酢」と「果実酢」にわけられています。
この穀物酢の一種が黒酢で、玄米を酢酸発酵させた米黒酢(穀物酢の代表格である米酢は、精製した米を原料として使用)と、大麦を酢酸発酵させた大麦黒酢に分けられます。

黒酢は長時間の発酵・熟成によって、一般的なほかの酢よりもアミノ酸含有量が多いのが特徴です。また、必須アミノ酸のほか、ビタミンB群やミネラル、有機酸が含まれ、必要な栄養素を効率よくとりいれることができます。

さわやかな味わいで料理になじむ穀物酢、まろやかな口当たりでお寿司に適した米酢に比べ、コクと旨みが特長の黒酢は魚やお肉を使ったメイン料理と相性ばつぐんです。


おすすめの黒酢はこちら

鹿児島県で江戸から続く、伝統製法「かめ壷仕込み」でつくられた黒酢です。有機米麹と有機米を地下水で仕込み、1年以上発酵・熟成させてつくられたまろやかな味わい深いコクを楽しめます。

坂元醸造 坂元の有機米くろず 360ml
出典:amazon

坂元醸造 坂元の有機米くろず 360ml

・amazonで購入できます >


黒酢でつくるメインディッシュ!黒酢あんかけレシピ

今回は、黒酢あんかけのレシピをご紹介します。基本の黒酢あんかけを覚えれば、あとは好きな具材と絡めるだけ。アレンジ自由の主役級おかずです!

黒酢あんかけのイメージ

黒酢あんかけ

■材料(2人分)

野菜、鶏肉、豚肉、アジなどお好みの具材・・・適量
砂糖・・・大さじ2
りんご酢・・・大さじ1と1/2
しょうゆ・・・大さじ1と1/2
黒酢・・・大さじ1
みりん・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
水・・・大さじ2
片栗粉 ・・・小さじ1

■作り方

①片栗粉は水に溶いておく
②野菜、鶏肉、豚肉、アジなどお好みの具材を素揚げする
③②を熱したフライパンにいれ、調味料をすべていれる
④とろみが具材と絡まるまで強火で炒める


お酢のイメージ

酢は“縁の下の力持ち”

酢のさまざまな作用は、まさに“縁の下の力持ち”。殺菌・防腐作用は夏場の料理を支えてくれ、魚の生臭さを消したり、肉をやわらかくしてくれる作用もあります。また、タンパク質を固める作用もあるので、ポーチドエッグをつくるときには1リットルのお湯に対して大さじ2程度の酢をいれると卵がきれいに固まります。

さらに、酢には美肌の味方として有名なビタミンCの破壊を防ぐ作用もしられています。ビタミンCを酸化させるアスコルビナーゼが含まれるキュウリやニンジンを、トマトや大根などビタミンCの含まれる野菜類と一緒に食べるときはドレッシングに酢を使ったり、酢の物にするのがおすすめです。

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています