「あの人キレイ‥」の理由はこれ!キウイの美容効果とレシピ

ビタミンと食物繊維が豊富なキウイフルーツを、美容のために毎日の食卓に取り入れている方も多いのではないでしょうか。キウイフルーツには美肌効果のほかにも、疲労回復、便秘改善などのうれしい効果がたっぷり。半分にカットしてスプーンですくうだけで美味しく食べられるお手軽さも人気の理由ですが、今回は一手間加えておいしくいただく、キウイフルーツのレシピとおすすめアイテムをご紹介します!毎日とはちょっと違った方法で、ぜひキウイフルーツを楽しんでみてください。

キウイのイメージ

美容効果以外にも!キウイの栄養素

キウイフルーツといえば、豊富なビタミンC含有量で有名ですね。成人女性が1日で必要とするビタミンCを、大きめのものであればキウイフルーツ1個で補給できるともいわれています。

肌のハリとなるコラーゲンの生成を体内でサポートしたり、メラニン色素の生成を抑える美白効果もあり、まさにビタミンCは「美肌の要」。また、ビタミンCにはストレスを軽減してくれることも期待できるため、お疲れ気味のときにもおすすめです。

キウイフルーツには、ほかにもビタミンEや食物繊維のベクチンが豊富です。便秘を改善して腸内環境を整えたいときや、肝機能を向上させたいときにも積極的に取り入れたいフルーツです。


キウイのイメージ

キウイの食べごろはいつ?熟させ方のポイント

キウイフルーツは皮の色では熟度を判断することが難しいといわれています。食べ頃か確認したい場合には、ヘタの部分とお尻の部分を持ち、やさしい力加減で押してみてください。弾力を感じたら食べ頃です。

このとき、実の部分を横から押してしまうと、いたみの原因になるので気をつけましょう。

キウイフルーツを早く熟させたい場合には、エチレンガスの放出量が多いりんごと一緒にビニール袋にいれて2~3日常温においておきましょう。エチレンとは植物ホルモンの一種で、果物や野菜の生成を促してくれるといわれています。

熟したキウイフルーツは冷蔵庫で保管し、なるべく早く食べるようにしてください!


お肉にも!魚にも!万能キウイソースの作り方

キウイフルーツにはアクチニジンとよばれるタンパク質分解酵素が含まれています。そのため、肉や魚に果汁をかけることで肉質をやわらかくしたり、体内での消化をサポートしてくれます。
そこで今回は、お肉料理・魚料理のどちらにも使いやすい!キウイフルーツでつくるソースのレシピをご紹介します。

キウイのソース

キウイフルーツでつくるソース

■材料(2人分)
完熟キウイ・・・3個
粒マスタード・・・小さじ2.5
白ワインビネガー・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ2
塩こしょう・・・少々

■作り方
①キウイは皮をむき、粗みじんにカットする
(または、皮をむいてからフードプロセッサーでピューレ状にする)
②粒マスタード、オリーブオイル、白ワインと和える
③塩・こしょうで味を整える

鶏肉や豚肉のソテーと相性抜群、白身魚のお刺身とカルパッチョにしてもおいしいです!
キウイフルーツはできるだけ熟したものを使用したほうが、甘みと酸味のバランスがよくなるのでおすすめです。「キウイが熟れすぎちゃった・・・」という場合にも、ソースにすることでおいしく消費できますね。


気軽でおしゃれにキウイフルーツを!

福岡県八女産キウイの栄養素をギュッと閉じ込めたドライフルーツを、栄養豊富なハンガリー産の蜂蜜に漬けたシロップです。ヨーグルトやパンケーキ、バケットにかけて朝ごはんにも、炭酸水で割ってドリンクとしても楽しむことができますよ。

ドライフルーツインハニー(キウイ)125g

・楽天で購入できます >

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています