疲れたときはこれで決まり!バナナを使ったリラックスおやつ

「なんだか今日は疲れたな…。」そんな日のリラックスタイムに、どんなおやつを選びますか?今回は、疲れがたまっているときにおすすめの、バナナを使ったおすすめレシピを2つご紹介します!

どうしてバナナがおすすめ?

バナナには、カリウム、ビタミンC、食物繊維、オリゴ糖などの栄養素が豊富に含まれているといわれています。
そのため、疲労の回復や腸内環境を整える働き、風邪の予防効果も期待できます。
また、デンプン質や、ブドウ糖などの糖質をバランスよく含んでいるため、エネルギー源としてもおすすめ。
効率的に栄養を取り入れたいときや、忙しいオフィス業務中のおやつにも最適です。
バナナの実についている白いスジには抗酸化作用があるといわれているので、食べるときにはスジをとらないで食べてくださいね。


夏にぴったり!バナナのひんやりスイーツレシピ

そのまま食べてもおいしいバナナですが、暑い季節にはアレンジして冷たいスイーツとして楽しんではいかがでしょうか。
ここでは、冷凍させたバナナをフードプロセッサーで攪拌するだけで作れる、簡単バナナアイスのレシピをご紹介します。

バナナアイス

■材料(2人分)
・バナナ:3本~4本
・水:適量
・ハチミツ、カカオパウダー、ナッツなど:お好みで

■作り方
① 完熟したバナナを輪切りにし、冷凍しておく
② 凍ったバナナをフードプロセッサーで攪拌する
(様子を見ながら、うまく攪拌されない場合には水少々を加える)
③ クリーム状になったら完成

カカオパウダーを混ぜたり、トッピングとしてお好みでハチミツやナッツを加えてアレンジを楽しんでみてください。
完熟したバナナを使用することでバナナ本来の濃厚な甘さが楽しめますが、マイルドな味わいにしたい場合にはよく水切りした木綿豆腐を加えるのもおすすめです。



とっても簡単!おすすめバナナジュース

効率的なエネルギー摂取や、リラックスタイムのおやつにもバナナジュースは魅力的なドリンク。
でも、ジュース1杯をつくるためにわざわざミキサーやフードプロセッサーをだすのが面倒だと感じることはありませんか?

そんなときにおすすめなのが、タカラトミーアーツの「30秒でまるごとバナナジュース」です。電源いらずで簡単に1人分のバナナジュースを作れる上に、洗いやすいカップの形状もポイント。おもちゃの域を超えた便利グッズです。

おかしなバナナ 30秒でまるごとバナナジュース 熟れ熟れ黄バナナカラー
出典:amazon

おかしなバナナ 30秒でまるごとバナナジュース 熟れ熟れ黄バナナカラー

・amazonで購入できます >


30秒でまるごとバナナジュース

■材料(1人分)
・バナナ 1/2本
・牛乳(豆乳):100㏄
■作り方
カップに刻んだバナナと牛乳(豆乳)をいれ、ぐるぐると30秒間手回しすれば完成です。


完熟バナナの見極め方

青(緑)色から黄色、茶色へと皮の色が変化していくバナナ。
実の甘さや噛みごたえなど好みはさまざまかと思いますが、スイーツにアレンジするのであれば、やはり完熟しているものがおすすめです。
全体が黄色く、皮に茶色の斑点がでてくると食べ頃の完熟バナナになったと考えられています。
今回ご紹介したバナナアイスをつくるときには、バナナは完熟するまで待ってから冷凍するようにしてください。
1年中おいしく、手軽に食べられるバナナ。疲労回復のおやつとして、エネルギー源として、体をすっきりと整えてくれる食べ物としても大活躍してくれる食材です。夏はぜひ、バナナを使った冷たいスイーツでリラックスタイムを楽しんでください!

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています