むくみスッキリ!小豆のデトックス効果とは

悩んでいる方も多いむくみ。毎日ケアしていても、デスクワークで何時間も座りっぱなしでむくみが辛いと感じることや、暑い日には水分や塩分を取りすぎてしまってむくんでしまうこともありますよね。そんな時にぜひ取り入れて欲しい食材が「小豆」。

小豆の持つ女性に嬉しい効果と簡単に小豆が楽しめるレシピをご紹介します。


小豆の持つ魅力とは

小豆といえば、和菓子やパンの具として使われることが多いですが、中国最古の薬学書「神農本草経」には解毒剤として使用されたと書かれており、昔から薬効食材として用いられていたと言われているほど。そんな小豆にはカリウム、カルシウム、鉄などミネラルがたっぷりと含まれているのでデトックス効果が期待できます。さらにビタミンB1・B2も豊富なため、疲れが気になるときには疲労回復のサポートとしても取り入れたいですね。また、小豆の外皮にはサポニンという利尿作用、整腸作用の働きがあると言われています。しかし、サポニンは煮ると煮汁に移ってしまうので、食事に取り入れる際には煮汁も使用するなど、気をつけて調理してくださいね。


おすすめの小豆スープ

■材料(2名分)
小豆(茹でたもの)・・・100グラム
茹で汁・・・100cc
豆乳・・・100cc
玉ねぎ(みじん切り)・・・1/4個
バター・・・5グラム
粉末だし・・・小さじ1
塩、こしょう・・・適量

■作り方
①小鍋にバターを入れ、玉ねぎを炒める
②玉ねぎが透き通ってきたら茹で汁と豆乳、粉末だしを加える
③ひと煮立ちしたら小豆を加え、塩こしょうで味を整えたら完成

1日の疲れを和らげる小豆のスープ、ぜひお試しください。


オフィスでは簡単に楽しめる小豆茶でむくみケア

毎日のオフィスワークで小豆を取り入れるには、やっぱりお手軽に楽しみたいですよね。そんな方におすすめなのが、がばい農園のあずき茶です。ティーバックになっているので、忙しい時にも簡単に小豆を取ることができます。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

ホットミルクに入れて煮出すのも、デザート感覚で飲めるのでおすすめですよ。ちょっと一息つきたい時や疲れがたまってしまったと感じた時はぜひ小豆茶を試してみてはいかがですか。

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています