ローフードには、体にいいことがたくさんある!

ローフードとは、英語でRaw Foodと書き、ずばり加熱をしない生の食べ物のこと。とり続けると体が軽くなる、肌の調子がよくなるなど体にいい影響をもたらし、ハマる人が増えているようです。では、なぜローフードは体によいのでしょうか?

そもそも、ローフードってなんでしょう?

ローフードとは、英語でRaw Foodと書き、ずばり加熱をしない生の食べ物のこと。とり続けると体が軽くなる、肌の調子がよくなるなど体にいい影響をもたらし、ハマる人が増えているようです。

では、なぜローフードは体によいのでしょうか? 理由は、生の食べ物には酵素がたくさん含まれているから。酵素とは、たんぱく質を主成分とする物質で、植物から動物まであらゆる生物に存在し、すべての細胞の生活活動に必要といわれています。


人間の体を車にたとえるとわかりやすいでしょう。体をかたちづくるボディにあたるのがたんぱく質、体を動かすガソリンの役割が糖質や脂質とすると、酵素はドライバーといえます。立派な車にガソリンが満タンに入っていても、運転手がいないと車は動きませんよね。つまり、酵素は体を動かすカギといえるでしょう。


酵素は大きく分けて「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3つ!

ここで、もう少し酵素についての話を続けさせてください。酵素は、大きく分けて3つに分かれます。もともと体内にある「消化酵素」と「代謝酵素」。食物に含まれていて、体の外から取り入れなくてはならない「食物酵素」です。

「消化酵素」は、食事をしたときに分泌され、食べ物を吸収しやすいように消化するためのもの。「代謝酵素」は、消化酵素が分解した栄養を体内でうまく利用するためのものです。代謝酵素は、呼吸をする、手足を動かす、肌を再生するなど、生きるためのすべての営みのために働いています。そして3つめが、ローフードに含まれている「食物酵素」。生の果物や野菜に多く含まれていて、消化をサポートします。ローフードを食べて食物酵素を補えば、体内の消化酵素をあまり使わなくて済み、代謝酵素にもよい影響を与えます。

その結果、新陳代謝や免疫、解毒といった生命活動がスムーズに進み、体の調子がよくなるというわけ。では、さっそく毎日の食事にローフードを取り入れてみましょう!


ローフード、おいしく毎日食べるには?

ローフードといえば、まず思い浮かぶのがサラダ。確かに、野菜を手っ取り早く

ローで食べるにはサラダは最適ですね。たとえ、毎日同じ野菜でも、ドレッシングを変えればおいしく食べ続けられますね。といっても、食事は1日3食毎日、毎日続くことですから、レパートリーは多い方がよいに決まっています。ということで、野菜や味つけを変えればさまざまに展開できるスープとピクルスをご紹介します。


ブロッコリーのポタージュ

■材料(2人分)
・ブロッコリー…1/2株
・ナッツ(アーモンドやくるみなど)…40g
・玉ねぎ…1/4個
・だし(または、牛乳や豆乳)…1と1/2カップ
・レモン汁…小さじ1
・オリーブ油…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・こしょう…適量

■作り方
材料をすべてミキサーに入れて、滑らかになるまでかく拌する。
※ブロッコリーのほかに、とうもろこしやにんじん、ほうれん草、トマトなどで作ってもおいしい。
※多めに作って冷凍保存も可能です。
※スープとして飲むだけでなく、だしを少なくしてパスタソースやディップとして食べるのもおすすめ。



スープ作りには欠かせないハンドブレンダーをご紹介!

独自形状の4枚刃で、野菜や果物の繊維を断ち切りなめらかな食感に仕上げます。また、「チャイルドロック&2アクションスイッチ」で、安全性と操作性を両立させました。

パナソニック ハンドブレンダー ブラック MX-S301-K
出典:amazon

パナソニック ハンドブレンダー ブラック MX-S301-K

・amazonで購入できます >


商品情報を取得できませんでした

つぶす、混ぜる、刻むがあっという間にできます。専用ブレンドカップつきだから、
そのまま冷蔵庫で保存できて便利。

TESCOM PureNatura スティックブレンダー ホワイト THM321-W
出典:amazon

TESCOM PureNatura スティックブレンダー ホワイト THM321-W

・amazonで購入できます >



ピクルス

■材料(作りやすい分量)

(ピクルス液)
・水・酢…各1カップ
・はちみつ(または、砂糖)…大さじ2
・塩…小さじ1
・ローリエ…2枚
・粒こしょう…適量
・にんにくの薄切り…1片分

・好みの野菜(にんじん・きゅうり・カリフラワー・ブロッコリー・かぶ・パプリカなど)…適量

■作り方
①ピクルス液の材料を温めて、はちみつと塩を溶かして保存ビンに入れる。
②好みの野菜を食べやすい大きさに切って、①に漬ける。冷蔵庫で1日以上漬ける。
※野菜によって味がしみるのに時間がかかるものもあるので、味がなじんんだものから食べる。

 

この記事に関するキーワード

こんな記事も読まれています